2016年 10月 18日
童顔の人だった。
近所の千円床屋は、いつ行っても店員は若い男性一人。
だからその人が一人でやってるのだと思ってた。

まだオープンして半年くらいで、
そしていつ行っても空いている。
店員さん自体は愛想のいい人なので、
応援してあげようと通うことにしていた。

今日行くと理容師さんは女性二人。
いつもの人は?と話をすると、
店長は2号店オープンで出てこれないんですよ、と。

応援してあげようどころか、遣り手の店長だった、のかあ。




[PR]

by tetsuto025 | 2016-10-18 17:47 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 太る財布。      やすいやさい。 >>