2017年 06月 25日
起きる。
道路の脇で猫が寝ている。

そんな所で寝てると車に轢かれるのに、
そう思ってたらもうその後だった。

口を開けたまま全く動きもしなくて、
何をしても手遅れのようだった。

帰ってくると相方が昼寝している。
寝息も立てずに爆睡している。

時間だよ、と声をかけ肩を叩くと、
ビクンッとして目を覚ました。

ちょっと安心する。




[PR]

by tetsuto025 | 2017-06-25 17:48 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 西瓜とメロン。      若輩者ですが。 >>