2017年 07月 31日
前世紀の遺物。
薬を1瓶使い終わった。
整腸薬。

瓶を見ると消費期限が1999年。
20世紀だ。青春が蘇る。
消費期限がこれだから、
買ったのはきっと20年以上前。

まあ、これだけ長い間、
使わずに住んだのだから
喜ぶべきか。

それとも最近、
相方の薬の量が増えたことを
心配すべきか。




[PR]

by tetsuto025 | 2017-07-31 17:29 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 一粒残さず。      待つわ。 >>