2017年 03月 23日
混み合うスーパーで。
僕は半額商品を大量に持ち、レジに向かった。
空いてたレジは新人のバイト君だった。
ちょっとだけ嫌な予感がした。

新人君は慣れない手つきでレジを打ち、
ゆっくり商品をカゴに入れてる。
僕の後ろには列が出来始めた。

ん、今、半額を入れなかった気が。
レシートを貰う時、間違いを指摘する。
新人君はあたふたとなって、先輩に聞きに行って。

ああ、僕は悪いことしてないんだけどなあ。
それでも後に並ぶ人達の顔が、僕には見られない。




[PR]

by tetsuto025 | 2017-03-23 17:53 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 便利と不便。      茹でたのばかり。 >>