2009年 05月 02日
家に帰ろう。
友人と会い、遅くなった帰り道。
途中で電車が終わり、そこから歩いて帰る。

繁華街を抜けるまで、
歩いているのは10代20代の若い人。
さっきまで僕も騒いでたけど、
彼らの奇声は別物に聞こえる。

それから多分仕事帰りの、僕より年配の女性。
そしてこの時間に清掃車。働いてる人はやはり年配。

こんな時間でも働くんだあと思いながら、
でもやはり自分がいるのは場違いな気がして。

こんな時は相方と家と家の風呂が、
恋しくなってしまうんだよな。
[PR]

by tetsuto025 | 2009-05-02 23:00 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< きっと優しいんだろう。      良友も悪友も。 >>