2009年 05月 24日
立派に育って。
今年大学を卒業して東京に就職した、
そう言う男性と話す機会があった。

昭和61年生まれ、ギリギリ昭和生まれです。
そう笑っている。

僕の歳の半分だねえ、と僕も自分の歳を言う。

すると彼が、
あ、僕の両親と同じです、と。

そうかあ、そう来たかあ。

ま、僕が彼の両親と同い年であって、
彼が僕の子供と同い年ではない。

子供作らなくてよかった、
などと無意味に安心をしてみたけれど。
[PR]

by tetsuto025 | 2009-05-24 13:50 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 青梗菜の花が咲いた。      花金の夕飯は。 >>