カテゴリ:旅行のこと。( 52 )

2004年 12月 30日
アジア旅行、バンコク4日目
バンコクから日帰りで、アユタヤの遺跡を見に行った。
以前に行った時はバス移動のツアーでゆっくり見れなかったので、
今回は相方と二人、電車を使って出かける。

アユタヤの街中の移動のため現地で交渉した車は、運転手が小さい息子連れのお母さん。
車の移動中は小さい彼に相手をしてもらう。

時間制限のない遺跡見学は、二人でゆっくり見ることが出来る。なかなか満足。

お母さんは豪快で、運転は乱暴だったけど、
帰りに息子さんのためのお菓子を買って渡したら、すごく優しくなって喜んでくれた。
やっぱ、お母さんなのだな。

帰りの電車は夜になる。
子供の頃、近所にあった田舎の国鉄駅のような駅で地元の人と電車を待つ。
隣にいるのが血の繋がっていない相方なのが、不思議。

電車が何処に着くか分からなくて、駅員さんや地元の人に手招きされるまま、
板張りのホームや、線路の上を走り回る。
線路の上を走るなんて、何十年ぶりになっちゃったなあ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-30 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(2)
2004年 12月 29日
アジア旅行、バンコク3日目
今日は一日旅行の準備。
旅行期間が長いので、旅行中に次の宿や移動の手配をしなければならない。
街中を幾つか、目的を持って動く。

今いるバンコクは大都会で、
地震の影響があったのかなかったのか分からないけど、観光客でいっぱいだ。
今日あたりからは日本人も増えるのだろう、
大きなデパートの中では日本語の会話も普通に聞こえてくる。

海外で日本人に会うのは、いい時も嫌な時もあるけど、
この時期バンコクで聞く日本語は、なぜか少し安心する。

旅行も一週間を過ぎると、旅行が日常になってきて、
ホームシックではないけれど、
家のこともしたいなあと考えるようになるから、
とっても我が儘な話だと思う。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-29 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 27日
マレーシアからタイへ。
マレーシアからタイのバンコクへ移動する。
国民性の違いなのだろうが、やはりマレーシアは疲れる。タイへ移動するのが少し嬉しい。
多分マレーシアに来ることはもうないと思うと、ちょっとだけ名残惜しいけど。

友人達からは次々とメールが来ている。地震、大丈夫だったか?
でも自分がいる辺りは何も変わらなくて、マレーシアのテレビでもあまり報道がない。

衛星放送のNHKやCNN、それと彼らからのメールが一番の情報源。
沢山のメールがありがたい。自分にも結構友達がいたんだな、などと不謹慎に思う。
けど、自分たちのまわりは相変わらずのんびりしたていて、
心配するメールとのギャップの差が、少し大きい。

マレーシアからタイへ移動する。飛行機は地震と関係のない理由で6時間遅れる。
その間に、なんの海外情報も持たずにフラフラしている日本人バックパッカーを拾う。
飛行機が遅れ夜中にタイに到着し、どうしていいか分からずパニクっている彼のホテルを探し、
街中まで一緒に連れて行く。

やはり、僕達の目から見る日常はのんびりしたものだ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-27 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 26日
何も気づかないまま。
とりあえず、驚いた。

今いるクアラルンプールでは、自分たちが見る限り、
ごく普通の日常生活がされているようだった。

高いビルの展望台が入場禁止となっていて、
地震の影響だと係員が話していたけれど、
ホテルに戻ってくるまで、これほど大きな事になっているとは思ってなかった。

ホテルでテレビをつけると、
今いる国、そしてこれから行こうとする国のニュースが流れている。
少し場所が違えば、などとも思う。

旅行には影響が無さそうだけど、
旅行者の身で何も分からないけれど。

とにかく自分達は大丈夫です。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-26 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(4)
2004年 12月 25日
アジア旅行、マレーシア3日目
ナイトマーケットに出かける。
街はずれのせいか思ったより観光客は少ない。

満月の下、
浅黒い彫りの深いイスラムの人達でいっぱいのマーケットは
異国情緒たっぷりの夜なんだろうけど、

実際は、小さい頃近所にあった市場に似てるし、
相手も同じ人間だし、
それに油断するとボられそうなので、
結構普通に歩き回っている。

意外とそんなものか。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-25 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 24日
アジア旅行、マレーシア2日目
今日の最初の目的地は、展望台のある高いビル。
朝早くから出かけたのに、既に入場制限で入れない。
仕方ないので、街をブラブラしながらホテルに戻る。
けどその方が面白かったから、よしとする。

夕方、ゲイの友達と会う。
彼から今日と明日はクリスマスホリデーで休みであることを教えられる。
道理で何処も混み合っているわけだ。
それにしても、マレーシアでクリスマスがこんなに祝われるなんて。

友人と会った帰り、ホテルに戻るとホテルの前が異常に騒がしい。
普段から賑やかな通りだが、今日はそれ以上、山ほど人が入る。
道いっぱいに、ホーンの音、クラッカーの爆発、
そしておもちゃの雪のスプレーをかけ合う人達。

こんな暑い国で、クリスマスの大騒ぎを見てしまった。
ホテルに戻る頃には、自分の体も雪だらけ。
もう楽しすぎ、だ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-24 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(3)
2004年 12月 23日
アジア旅行、マレーシア1日目
マレーシアのクアラルンプールに移動する。
実はクアラルンプールはそんなに好きな街じゃない。
人は優しくないし、食べ物もそんなに美味しくないし。

それでも来たのは航空券があるから。

久しぶりにやってきたクアラルンプールは、
電車の乗り換えも、タクシーの交渉も、信号の渡り方さえ
勝手が違って、やっぱり疲れてしまう。

けど食堂のお姉ちゃんが陽気に対応してくれると、
それだけでこちらも笑顔になり、気持ちは盛り上がる。

英語も堪能でない自分にとって、
笑顔だけが特技であり武器なのだから、
慣れない街ほど、せいぜいこれを利用しなければ、である。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-23 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(2)
2004年 12月 22日
アジア旅行、台湾2日目
今日の一番の目的は、台湾の温泉。
結局自分達はどこへ行っても、風呂、温泉だ。

電車とバスを乗り継いで、山中の温泉へ行く。
露天風呂から見る山の景色は綺麗で、
温泉も広くて気持ちがいい。

温泉の作りは、流行りなのか日本風にしてあるけど。

でも一番楽しかったのは、帰り道、
相方と二人で川べりに腰かけて、
露店で買った小龍包を頬張ったこと、
だったりする。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-22 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(2)
2004年 12月 21日
アジア旅行、台湾1日目
旅行の一日目は台湾、台北。
空港の黴びた空調の匂いをかいで、また来たんだなと思う。

昼過ぎに到着したので、今日の目的は主に街歩き。
露店の買い食いは勿論安いし楽しいんだけれど、
ふと目にとまったスーパーについ入ってみた。

日本にないもの、日本にもあるもの、日本から来たもの、
スーパーの中を眺めているのも結構楽しい。
相方も店内を眺めて、海外旅行のテンションが上がってきたみたいだ。

ただ自分は、入ったのが高級スーパーのせいか
意外に野菜の値段が高く、痛みかけの安売り野菜に目が行ってしまう。

ここで安いからって、買って帰るわけにはいかないのに、
ちょっと、貧乏性。

まあその分、屋台の飯を安い安いといいながら食べてるんだけど。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-21 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 11月 28日
ソウル旅行。
相方以外と初めての旅行。しかも一緒に行くのは自分より若い友人。
こんな風にして、海外に旅行に行くんだなあと思いながら、3日間のソウル旅行が始まる。
今回はこの友人を中心に旅行を進めるつもりなのだ。


1日目。
空港から市内のホテルへの車の中、添乗員さんに3日目のホテル出発時刻は朝7時と言われる。
その後、ホテルに着いたのは夕方の7時。つまり、ソウルにいれるのは正味36時間だ。

ホテルに着いたら早速、地下鉄に乗って街に出る。行くのは夜でも賑やかだと言われる明洞と東大門。
けど何故か街を歩いていても、海外っていう緊張感がない。東京ともちょっと違うけどなんでだろうと考えたら、
せかせかした感じと雑然とした感じが、大阪みたいなのだった。

明洞と東大門の街自体はそんなもんかなあって感じだったけど、適当に入った韓国料理屋は辛くて美味い。
で、街よりもコンビニで面白く買い物して、ホテルにそそくさと戻る。
なぜなら、実は今回のホテルの部屋がオンドルだから。ベッドはあるけど、暖かい床に座り込むのが楽しい。
部屋で夜遅くまで起きてしまった。

2日目。
朝から世界遺産の宗廟を見に行く。雪で寒い。本当に寒い。
その後、仁寺洞と南大門へ。有名な街だけど街自体はやっぱりそんなもんかな、と。
でもたまたま見かけた豚肉の焼き肉屋は、やっぱり美味しかった。

友人の土産に付き合ってロッテデパートへ。自分は金がないから買わないけど、免税品は安い、みたい。
けど記憶に残るのは免税品よりも、そこかしこで微笑むヨン様かも。

最後に友人がアカスリに行きたいというので、サウナを探す。
ツーリストインフォメーションで聞くとホテルの真ん前のサウナを紹介される。
ソウル最大という謳い文句は定かじゃないけど、とっても気持ちいい。
その理由はアカスリをしてくれた人が格好良かったからかもしれないけど。

その上テレビなどで見たことがある汗蒸幕も気持ちよくて、たっぷり風呂とサウナを堪能。
俺は何処へ行っても結局風呂なのかもしれない。

その後夕食に韓定食を食い、2日目は終了。

3日目。
朝早くからホテルに向かったけど、自分達としては結構食べて遊んだので満足。
添乗員さんにもよくそれだけ遊んだと感心される。

それにしても、友人を中心にと思ってたけど、結構自分も楽しんでしまった。
全く海外という緊張感のないまま旅行が終わってしまったし。聞こえてたのも殆ど日本語ばっかだった気がするなあ..。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-11-28 00:13 | 旅行のこと。 | Comments(2)