<   2004年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2004年 12月 31日
アジア旅行、バンコク5日目
大晦日の晩ご飯は、相方が作る。なので、夕方から買い出し。

近所のスーパーは大晦日のせいか、地元の人や観光客でいっぱい。
それにしても、日本と比べて安い。嬉しくなる。
食品選びを相方に任せていたら、普段なら絶対に買わないような高い肉を
買い物かごに入れられてしまった。

相方の作る年越し蕎麦やおかずは、やっぱり美味しい。
けど相変わらず量が多い。年が変わる頃には腹一杯になってしまう。

食後、街へ出てみる。
例年見ているカウントダウンイベントは、津波被害者の喪に服すため中止になってしまった。
そう言えば、部屋で見ていたテレビも年末の賑やかな番組ではなく、チャリティ番組ばかりだった。
津波の被害を、今更に感じる。

それでも年越しの街に繰り出す人は大勢いた。歓楽街あたりではゲイも沢山いる。
毎年ここで世界中のゲイを眺めるのが僕達の恒例。
今年もゲイは相変わらずだ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-31 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 30日
アジア旅行、バンコク4日目
バンコクから日帰りで、アユタヤの遺跡を見に行った。
以前に行った時はバス移動のツアーでゆっくり見れなかったので、
今回は相方と二人、電車を使って出かける。

アユタヤの街中の移動のため現地で交渉した車は、運転手が小さい息子連れのお母さん。
車の移動中は小さい彼に相手をしてもらう。

時間制限のない遺跡見学は、二人でゆっくり見ることが出来る。なかなか満足。

お母さんは豪快で、運転は乱暴だったけど、
帰りに息子さんのためのお菓子を買って渡したら、すごく優しくなって喜んでくれた。
やっぱ、お母さんなのだな。

帰りの電車は夜になる。
子供の頃、近所にあった田舎の国鉄駅のような駅で地元の人と電車を待つ。
隣にいるのが血の繋がっていない相方なのが、不思議。

電車が何処に着くか分からなくて、駅員さんや地元の人に手招きされるまま、
板張りのホームや、線路の上を走り回る。
線路の上を走るなんて、何十年ぶりになっちゃったなあ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-30 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(2)
2004年 12月 29日
アジア旅行、バンコク3日目
今日は一日旅行の準備。
旅行期間が長いので、旅行中に次の宿や移動の手配をしなければならない。
街中を幾つか、目的を持って動く。

今いるバンコクは大都会で、
地震の影響があったのかなかったのか分からないけど、観光客でいっぱいだ。
今日あたりからは日本人も増えるのだろう、
大きなデパートの中では日本語の会話も普通に聞こえてくる。

海外で日本人に会うのは、いい時も嫌な時もあるけど、
この時期バンコクで聞く日本語は、なぜか少し安心する。

旅行も一週間を過ぎると、旅行が日常になってきて、
ホームシックではないけれど、
家のこともしたいなあと考えるようになるから、
とっても我が儘な話だと思う。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-29 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 28日
アジア旅行、バンコク2日目
今日会ったゲイの友人は、タイの各地で幾つかの店を経営する、
お金持ちで実業家。
タイも日本と同様中流階級の人が増えているらしいけど、
金持ちはやっぱり金持ちみたい。

この前占ってもらったら億万長者になれるって言われた、
などと笑って話すけど、
でっかいベンツに乗っている彼は、
自分達から見れば既に大金持ちだ。

でも、歳も僕とあまり変わらない彼は、
とっても気さくで、とってもいい加減で、
とってもエッチ。
全世界共通のゲイの話題、下ネタで話は盛り上がる。

自分がゲイでなければ、知り合うことなどなかっただろう彼。
だから、世の中は面白い。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-28 00:00 | 日々のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 27日
マレーシアからタイへ。
マレーシアからタイのバンコクへ移動する。
国民性の違いなのだろうが、やはりマレーシアは疲れる。タイへ移動するのが少し嬉しい。
多分マレーシアに来ることはもうないと思うと、ちょっとだけ名残惜しいけど。

友人達からは次々とメールが来ている。地震、大丈夫だったか?
でも自分がいる辺りは何も変わらなくて、マレーシアのテレビでもあまり報道がない。

衛星放送のNHKやCNN、それと彼らからのメールが一番の情報源。
沢山のメールがありがたい。自分にも結構友達がいたんだな、などと不謹慎に思う。
けど、自分たちのまわりは相変わらずのんびりしたていて、
心配するメールとのギャップの差が、少し大きい。

マレーシアからタイへ移動する。飛行機は地震と関係のない理由で6時間遅れる。
その間に、なんの海外情報も持たずにフラフラしている日本人バックパッカーを拾う。
飛行機が遅れ夜中にタイに到着し、どうしていいか分からずパニクっている彼のホテルを探し、
街中まで一緒に連れて行く。

やはり、僕達の目から見る日常はのんびりしたものだ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-27 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 26日
何も気づかないまま。
とりあえず、驚いた。

今いるクアラルンプールでは、自分たちが見る限り、
ごく普通の日常生活がされているようだった。

高いビルの展望台が入場禁止となっていて、
地震の影響だと係員が話していたけれど、
ホテルに戻ってくるまで、これほど大きな事になっているとは思ってなかった。

ホテルでテレビをつけると、
今いる国、そしてこれから行こうとする国のニュースが流れている。
少し場所が違えば、などとも思う。

旅行には影響が無さそうだけど、
旅行者の身で何も分からないけれど。

とにかく自分達は大丈夫です。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-26 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(4)
2004年 12月 25日
アジア旅行、マレーシア3日目
ナイトマーケットに出かける。
街はずれのせいか思ったより観光客は少ない。

満月の下、
浅黒い彫りの深いイスラムの人達でいっぱいのマーケットは
異国情緒たっぷりの夜なんだろうけど、

実際は、小さい頃近所にあった市場に似てるし、
相手も同じ人間だし、
それに油断するとボられそうなので、
結構普通に歩き回っている。

意外とそんなものか。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-25 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(0)
2004年 12月 24日
アジア旅行、マレーシア2日目
今日の最初の目的地は、展望台のある高いビル。
朝早くから出かけたのに、既に入場制限で入れない。
仕方ないので、街をブラブラしながらホテルに戻る。
けどその方が面白かったから、よしとする。

夕方、ゲイの友達と会う。
彼から今日と明日はクリスマスホリデーで休みであることを教えられる。
道理で何処も混み合っているわけだ。
それにしても、マレーシアでクリスマスがこんなに祝われるなんて。

友人と会った帰り、ホテルに戻るとホテルの前が異常に騒がしい。
普段から賑やかな通りだが、今日はそれ以上、山ほど人が入る。
道いっぱいに、ホーンの音、クラッカーの爆発、
そしておもちゃの雪のスプレーをかけ合う人達。

こんな暑い国で、クリスマスの大騒ぎを見てしまった。
ホテルに戻る頃には、自分の体も雪だらけ。
もう楽しすぎ、だ。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-24 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(3)
2004年 12月 23日
アジア旅行、マレーシア1日目
マレーシアのクアラルンプールに移動する。
実はクアラルンプールはそんなに好きな街じゃない。
人は優しくないし、食べ物もそんなに美味しくないし。

それでも来たのは航空券があるから。

久しぶりにやってきたクアラルンプールは、
電車の乗り換えも、タクシーの交渉も、信号の渡り方さえ
勝手が違って、やっぱり疲れてしまう。

けど食堂のお姉ちゃんが陽気に対応してくれると、
それだけでこちらも笑顔になり、気持ちは盛り上がる。

英語も堪能でない自分にとって、
笑顔だけが特技であり武器なのだから、
慣れない街ほど、せいぜいこれを利用しなければ、である。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-23 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(2)
2004年 12月 22日
アジア旅行、台湾2日目
今日の一番の目的は、台湾の温泉。
結局自分達はどこへ行っても、風呂、温泉だ。

電車とバスを乗り継いで、山中の温泉へ行く。
露天風呂から見る山の景色は綺麗で、
温泉も広くて気持ちがいい。

温泉の作りは、流行りなのか日本風にしてあるけど。

でも一番楽しかったのは、帰り道、
相方と二人で川べりに腰かけて、
露店で買った小龍包を頬張ったこと、
だったりする。
[PR]

by tetsuto025 | 2004-12-22 00:00 | 旅行のこと。 | Comments(2)