<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 28日
買ってあげたいけれど。
近所にある八百屋は、最近開店した八百屋。
古い八百屋さんが次々閉店していき、寂れるばかりの商店街で、
何故か新しく開店した。

けど特に安いでもなく、品揃えがあるでもなく、
顔なじみでもないその八百屋で、買い物をすることはほとんどない。

いつも前を通って値段をチラッと見るだけ。

ただ前を通らないわけにはいかないのだ。
その店の前を通らずに帰るのは、かなり大回り。

遠くの安い八百屋で買った、ビニール袋いっぱいの野菜を持って前を通る時、
必ずそこの店主と目が合い、ビニール袋に目をやられる。

それがちょっと、辛い。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-28 17:56 | 日々のこと。 | Comments(2)
2005年 02月 27日
何かいい呼び名はないだろうか。
「相方」という言葉を使っているが、実はそれほど気に入っているわけではない。
書き言葉では仕方なく使うけれど、友人との会話では「うちの」だとか、いつも誤魔化している。

一般的には「彼氏」、「恋人」。でもそれを使うにはもう家族だ。
「同居人」では距離がありすぎるし、「家人」は好きな言葉だけどちょっと使いづらい。

最初に困ったのは外国の友達と話す時だった。
日本語では誤魔化せても、自分の拙い英語では誤魔化すことも出来ない。
"boyfriend"や"lover"もちょっと違う気がして、"my partner"を使うようになった。

翻って、日本語。
自分が関西の人間で漫才が身近だったことから、「相方」という言葉を使い始めた。
使ってみれば通じるし、使っている人も多いし。
だから標準語では「相棒」のほうが正しい気がするのだけど、そこは分かっていない。

誰か「亭主」や「女房」に値する新しい言葉を作ってくれないかな。
「熟年」という言葉を作った時みたいに。
籍を入れていない男女にも需要はあると思うのだけど。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-27 17:36 | 日々のこと。 | Comments(8)
2005年 02月 26日
昼寝。
最近、相方は布団ではなく炬燵で昼寝をする。
正直に言うとちょっと邪魔。
ずっとテレビをつけっぱなしにするし。

けれど僕も、夜中は上の階の足音がうるさいので、
起きていることが多く、昼間は少し眠い。

家事の合間、相方の背中で少しだけ昼寝をする。
それはとっても気持ちのいいこと。

やることは沢山あるので、長居は出来ないけれど。
天井の足音は昼間でもゴトゴト響いているけれど。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-26 18:03 | 日々のこと。 | Comments(0)
2005年 02月 25日
雪かきと近所づきあい。
年に数回程度しか降らない雪が、昨日の夜に降った。
朝、表を見ると案の定少し積もっている。

相方に追い立てられて、外に出る。

今まで二人とも働いてた時は、
平日の夜に雪が降られると、それを横目に出かけるしかなく、
仕事から帰ってきた後に、
近所の人達がアパートの前まで雪かきしてもらったのを知っていた。

だから今回は、張り切って雪かきをやる。
大した量の雪でもないので、結構面白い。

何よりも今日の収穫は、
もう数年以上、いつも顔を見ているのに、今まで一度も挨拶すらしたことがない、
アパートの隣に住む奥さんと話が出来たことだ。
一つ気になっていたことが解決したって感じだな。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-25 18:24 | 日々のこと。 | Comments(0)
2005年 02月 24日
花粉症じゃあない。
この時期にクシャミをしているので、
知らない人達からは、きっと花粉症に思われているはずだ。

けど、本当は花粉症じゃあない。
ただの鼻炎。子供の頃からのアレルギー性鼻炎である。

アレルギーの原因になるのはハウスダストや、気温差。
だから暖かい花粉の飛ぶ日は、実は平気で、
今日のような急に寒くなった日、
外に出た時や、暖房の効いた店に入った時にクシャミが出る。

街中をクシャミをしながら歩き、鼻炎薬を買い、
まわりからやれやれ、と言わんばかりの視線を浴びながら、
心の中で、俺は花粉症じゃないんだ、と言い返している。

結局は辛いんだけど。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-24 19:01 | 日々のこと。 | Comments(0)
2005年 02月 23日
風の日は、外に出かける。
朝から強い風が吹いていて、外に出かけたくて仕方がない。
風の中を歩くのが大好きだ。

小学校の頃、休み時間に校舎間の渡り廊下で
風を眺めていた記憶があるから、かなり前から風は好きだった。

台風の日でも外に行きたくなるのだけれど、
雨に濡れてしまうのは好きじゃない。
だから今日のような晴れて風の強い日は、
嬉しくてたまらない。

木がザワザワするのを見て、干した布団がバタバタするのを見て、
自分の頭をボサボサにしながら、買い物帰りに遠回りをする。
家に帰る頃には、相方も呆れるほどハイテンションだ。

こんな日は年に何回もあるものではないから、
自分の中の年中行事である。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-23 20:09 | 日々のこと。 | Comments(2)
2005年 02月 22日
やめてくれ。
買い物から帰ってきたばかりの俺に、
マヨネーズが無かったから買っておいてくれ、って言うな。

洗濯物をやっと全部干し終わった俺に、
このシャツ今日中に洗っておいてくれ、って言うな。

銀行のATMも終わる時間になって、
金が必要だから出して、って言うな。


事前に何が必要か訊いているのに、
いつも何も考えずに、ねーよ、って言うな。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-22 19:10 | 日々のこと。 | Comments(0)
2005年 02月 21日
前の職場の後輩と会った。
前の職場の後輩に誘われて、久しぶりに彼に会いに出かけた。
彼は今の仕事で悩んでいることを、誰かと話したかったらしい。
そこで、今は部外者である僕に声をかけたらしい。

彼の今の立場は、僕が仕事を辞めた頃の立場に似ている。
けど、僕は仕事を辞めてしまったが、彼は今でも頑張って仕事を続けている。

だから僕には彼に大きなことは言えないけれど、
とにかく、自分が仕事をしていた時の考え、辞めた時の思いをなるべく正直に話す。

少しは彼の役に立てたのかなぁ。

彼からは話ができて良かったと、言ってもらった。

まだ前の職場で自分を気にかけてくれた人がいたこと、
前の職場の彼が少しは喜んでくれたこと、
少なくとも自分は、彼から元気をもらったようだ。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-21 19:25 | 日々のこと。 | Comments(2)
2005年 02月 20日
「止まれ」。
近所でガス工事で掘り起こした道路を舗装していた。
たまたま通りかかると、白い塗料で「止まれ」の文字を地面に書いている。

へぇ、こうやって書くのかと思う。
それから、しばらくは地面を気にするようになった。

そこである発見をした。
「止まれ」には2種類ある。「止まれ」と「とまれ」。

そしてもう一つ発見。「とまれ」より「止まれ」のほうが新しいらしい。
「止まれ」のほうが最近書いたものが多いのに対し、
「とまれ」は古く消えかけたものが多い。

たわいない発見に、小学生のようにちょっと得意げでいる。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-20 18:16 | 日々のこと。 | Comments(0)
2005年 02月 19日
雑巾を縫う。
今日は一日雨で外には出たくない。
その上、週末だから屋根のある場所は混んでいるだろうし。
けれど、相方が夜勤から帰って寝ているから部屋の片づけもあまり出来ない。

なのでこんな日は、前々から懸案だった雑巾縫い。
ミシンと半年近く溜めていたボロ切れを押入れから出してくる。

ボロ切れは破れたシーツだったり、Tシャツだったり、
相方との喧嘩の果てに怒りが収まらなくて、僕が破った相方の服だったり。
全部雑巾にして、無かったことにする。

裁縫は好き。機械いじりも好きだ。
だからミシンは好きなのだけど、久しぶりにいじるミシンは何故か糸が切れてばかり。
悪戦苦闘する僕に、起きてきた相方の目も冷たい。

それでもどうにか、数十枚の雑巾を縫い上げた。
とりあえず今回の成果と自分を納得させてはみる。けど今日は少し負け気分だ。
[PR]

by tetsuto025 | 2005-02-19 23:40 | 日々のこと。 | Comments(0)