2005年 04月 17日
キャッチボール父子。
休日、外を歩いていると
キャッチボールをしている父子をよく見かける。

自分は早くに父親を亡くし、また父親になることもなかったので、
今ひとつキャッチボールの面白さが分からない。

楽しそうに話をしながら、キャッチボールをする父子がいる。
これは分かる。
お父さんが息子の投球フォームに怒りながら、キャッチボールをする父子もいる。
これもまだ分かる。
けれど、なんの会話もなしに黙々とキャッチボールをする父子、
これがよく分からない。

家に戻って、相方に何が楽しいんだろう?と尋ねると、
俺だって分からねーよ、と笑われた。

by tetsuto025 | 2005-04-17 18:17 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 友人が引っ越すそうだ。      夕方、胡麻団子。 >>