2014年 11月 05日
まさかの方向。
特売の挽き肉売り場の前で、
お母さんが子どもたちに言っていた。

「今日はお鍋をやめてハンバーグにしようか?
ハンバーグ好きでしょ。」

子どもたちは口々に
「あたし、お鍋大好きー。」「僕もー。」

お母さんは、「ええっ」と目を丸くしてる。
子供って思い通りにならないものだなあ、
ついお母さんに同情してしまう。

結局、ピーマン肉詰めで折り合いがついたらしい。
ピーマンかあ。本当に子供って想定外だ。
[PR]

by tetsuto025 | 2014-11-05 17:07 | 日々のこと。 | Comments(0)


<< 百数十年ぶりの。      やらなくて、初めて分かる。 >>